薄毛治療に関する情報

AGAとは何か?原因や治療方法を分かりやすく解説

AGAになる原因

どうも、薄毛のエイマガンです。AGAスキンクリニックでAGA治療を受けています。

そもそもAGAとは何なのでしょうか?

なんとんくAGA=薄毛という認識はあるものの、AGAの原理が分からなかったり、自身がAGAであることに気がついていない方もおられると思います。

AGAは放っておくと、どんどん進行してしまう病気です。

しかし、きちんと対策を行うことで進行を遅らせたり、AGAの症状自体を完治したりすることが可能です。

本記事では、AGAとは何かということや、AGAの治療法として挙げられるいくつかの選択肢それぞれのメリットやデメリットについて、解説します。

「自分はAGAかもしれない」とお悩みの男性は、ぜひ参考にしてください。

エイマガンの薄毛治療日記
エイマガンの薄毛治療日記まとめどうも、薄毛のエイマガンです。お金をかけて、薄毛治療をすることに決めました。 このページでは僕の薄毛治療の記録を時系列順にまとめて...

AGAは男性の脱毛症の一種

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、日本語に訳すと「男性型脱毛症」という意味になります。

成人男性に見られる脱毛症の一種で、現在では薄毛の症状に悩んでいる男性の過半数がAGAであるともいわれています。

AGAが発症してしまうのは、遺伝や生活習慣によるものなどさまざまな原因があると考えられています。

AGAが発症すると、額の生え際や頭頂部のつむじ周辺を中心に脱毛が進んでいき、どんどん髪が薄くなっていくことが特徴です。

AGAを放っておくと、症状は進行していくため、早めに対処することが大切です。

AGAはヘアサイクルの乱れに関係している

髪の毛の成長には「ヘアサイクル」と呼ばれる一定の周期があり「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間に大きく分けられます。

このヘアサイクルは通常およそ1000〜2000日程度で1周するようになっています。

しかし悪玉男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が男性ホルモン受容体である「アンドロゲンレセプター」と結合することで、ヘアサイクルにおける成長期が、なんと最短で100日程度まで短くなってしまうのです。

成長期が短縮された髪の毛は十分に育たないまま退行期・休止期へと移行することになり、細く短い髪の毛になってしまいます。

この現象を「軟毛化」と呼び、この軟毛化がAGAへとつながって薄毛が進行していくのです。

ひとたびAGAになってしまうと、なんらかの手を打たない限り薄毛の進行を食い止めるのは難しいので、自分がAGAかもと思ったらすぐに医師の診察を受けることが重要です。

薄毛になる生活習慣
薄毛を引き起こすNGな生活習慣をまとめて紹介髪によくない生活習慣としては、朝シャンやタバコなどが挙げられます。生活リズムや仕事の問題で避けられない場合もありますが、本人の努力次第で回避できるものも多くあります。髪にダメージを蓄積させないように、髪によくない生活習慣を排除することを心がけましょう。...

AGAの治療方法の3つの選択肢を紹介

AGAの治療方法として考えられる選択肢としては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 育毛剤・発毛剤
  • AGAクリニックでの育毛治療
  • AGAクリニックでの植毛治療

治療方法によって料金や期待できる効果などは異なるので、それぞれの治療方法の特徴を比較して表にまとめてみました。

治療方法 費用 効果 期間
育毛剤・発毛剤 比較的安い 長い
育毛治療 少し高い 長い
植毛治療 高い 短い

それぞれの治療方法の特徴・メリット・デメリットについて、以下でさらに詳しく説明します。

1.育毛剤・発毛剤

薄毛とは言うものの、まだ比較的症状が進んでおらずパッと見は普通と変わらない人におすすめの方法です。

育毛剤は「毛を育てる」と書くように、現在生えている髪の毛を維持させる目的で用いられものです。

また将来的に起こりえる薄毛や抜け毛の予防を行い、髪の毛を健康的な状態で維持させるためのものです。

育毛剤は発毛剤と混同されがちですが、両者には明確な違いがあります。

上述したように育毛剤は「毛を育てる」ためのものですが、発毛剤は「新しく生えてくる髪の毛を増やす」ためのものです。

発毛剤には「ミノキシジル」という発毛成分が含まれています。

このミノキシジルは、血管拡張薬として開発されていましたが、発毛効果がわると発覚したことで、発毛剤に使われるようになった医薬品です。

育毛剤は医薬部外品ですが、発毛剤は医薬品である(医師の処方が必要)という点も、両者の大きな違いです。

もちろん育毛剤にも頭髪や頭皮をよい状態に保つための成分が含まれてはいるので、使うことで頭皮環境は改善されますが、発毛成分が含まれているわけではないことには注意が必要です。

育毛剤は市販のものであれば、医師の処方箋がなくとも薬局などで手軽に購入できるのが大きなメリットです。

毎日欠かさず頭皮の手入れを行うことで、薄毛の進行を多少なりとも阻止することができます。

しかし処方箋なしで購入できるということは、そこまで大きな効果は期待できないということです。

AGAの根本的な原因に対して対処するものではなく、あくまでも対症療法的な形で用いるものです。

バランスのよい食事を心がける、生活のリズムを整える、なるべくストレスを溜めないようにするといったことと同じラインに「育毛剤を利用する」が並んでいるというような感覚を持っておくようにしましょう。

育毛剤の選び方
育毛剤による薄毛治療の特徴やおすすめの3商品を厳選紹介育毛剤は「髪を育てる」ための商品であり、頭皮環境の改善や抜け毛予防などに効果的な成分が配合されています。使い方や配合されている有効成分は商品によって異なるので、自分の髪の毛の状態も踏まえたうえで、もっとも効果が期待できそうな商品を選ぶことが重要です。...

2.AGAクリニックでの育毛治療

ある程度薄毛が進行してしまった人にお勧めの治療方法です。

AGAクリニックでは、医療品である飲み薬や塗り薬を用いた投薬治療にて髪の毛を生やすことができます。

飲み薬ではプロペシアやザガーロ、塗り薬ではロゲインやアロビックスといった薬が主なAGA治療薬です。

プロペシア・ザガーロは抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制して、薄毛の進行を抑えるための役割を持ち、ロゲイン・アロビックスは毛を作り出す細胞に栄養を与えて発毛を促す役割を持っています。

それぞれ役割が異なるので、薄毛抑制の役割を持つ薬と発毛を促す役割を持つ薬を併用することで、薄毛に対して大きな効果が期待できるでしょう。

エイマガン(本サイトの管理人)はAGAスキンクリニックにて飲み薬のみの薄毛治療を受けており、着実に成果が出ています↓↓

エイマガンの薄毛治療日記
エイマガンの薄毛治療日記まとめどうも、薄毛のエイマガンです。お金をかけて、薄毛治療をすることに決めました。 このページでは僕の薄毛治療の記録を時系列順にまとめて...

またAGAクリニックで受けられる育毛治療には、さらに高い効果を持つメソセラピーHARG療法といった選択肢もあります。

メソセラピーは、動物の体内において特定の細胞の増殖・分化を促進する「成長因子」と呼ばれるタンパク質を頭皮に直接注入することで、発毛を促進させる治療法です。

HARG療法は、HARGカクテルと呼ばれる薬剤を毛が薄くなっている部分に注射することで、薬剤が細胞に働きかけて発毛を促進させる治療法です。

どちらも成長因子を直接頭皮に注入するのが特徴であり、それゆえに確実な効果が期待できます。

AGAクリニックの選び方
AGAクリニックでの育毛治療の特徴とクリニックの選び方のポイント「毛を育てる」治療である育毛治療には、投薬治療や薬剤の注入治療などいくつかの方法があり、それぞれでかかる費用や期間・期待できる効果などが異なります。AGAクリニックで育毛治療を受ける場合は、自身に合ったクリニックを選んで適切な処置を受けるようにしましょう。...

3.AGAクリニックでの植毛治療

もはや部分的には「薄毛」とすら呼べないほどにAGAが進行してしまった人におすすめの方法です。

植毛治療はその名のとおり頭皮に「毛を植える」治療であり、植える毛は自分のものの場合もあれば、人工毛の場合もあります。

自分の毛の場合は、AGAが進行していない部分の毛が利用されるので、後頭部の毛をAGAが進んだ部分に植え付けることが多いです。

移植のために毛を用いると当然その部分からは移植に用いた分の毛がなくなるので、相応の毛量を必要とします。

人工毛の場合は、自分の毛を利用するわけではないので、頭皮全体の毛量に不安がある方でも行うことができます。

どちらの方法にもメリット・デメリットがあるので、それらをきちんと把握したうえで、どちらを選ぶかを判断しなければなりません。

自分の毛を利用する場合、移植手術が終わればそのあと何度も通院したり投薬の必要はないので負担が長続きすることはありません。

自分の毛を利用しているため、移植先の頭皮に定着しやすく、拒絶反応が起きるリスクも低いです。

ただし、外科的な手術になるのでどうしても傷跡は残りますし、場合によっては会社を休んでしばらく入院しなければならないような可能性も出てきます。

人工毛を利用する場合は、移植する毛の量を自由に調節できますし、手術自体の負担も自分の毛を利用する場合よりは低くなります。

ただし、拒絶反応が出てしまう可能性は、自分の毛を利用する場合より高いです。

皮膚の状態が悪化したり膿が出てきたりしてしまう危険性がありますし、場合によっては再手術を受けなければならないかもしれません。

また、移植後に抜け落ちてしまうような場合は定期的にメンテナンスを行う必要もあります。

治療費用は植毛する毛の本数によって変わりますが、100万円前後は見ておく必要があるでしょう。

うまく行けば手術が1回で済む、期待できる効能が大きいといったメリットがある代わりに、それ相応のリスクもある治療法であるといえます。

植毛治療とは
植毛治療の特徴やおすすめのAGAクリニック3院を紹介植毛治療は頭皮に毛髪を植え付ける治療のことで、自毛植毛と人工毛植毛の2つの方法があります。それぞれメリット・デメリットがあるため、ほかの薄毛治療の方法とも比べたうえで自分に合った方法を選ばなければなりませんし、施術を受けるクリニックも慎重に選ぶ必要があります。...

AGAの治療法はメリットやデメリットを正確に把握して最適なものを選ぼう

AGAは薄毛に悩む過半数の男性が発症しているといわれて、これからも増え続けていくと予想されています。

AGAは1度発症してしまったら、症状はどんどん進行していきます。

しかしそこでもう諦めるしかないというわけではなく、治療法はいくつもあります。

それぞれの治療法で期待できる効果やかかる費用・期間などは異なるので、自身のAGAの進行度と相談しながら、最適な方法を選んでAGAと向き合っていくことが必要です。

エイマガンの薄毛治療日記
エイマガンの薄毛治療日記まとめどうも、薄毛のエイマガンです。お金をかけて、薄毛治療をすることに決めました。 このページでは僕の薄毛治療の記録を時系列順にまとめて...
薄毛をごまかす方法
薄毛を誤魔化す3つの手段のメリット・デメリットを解説増毛を誤魔化す方法としては、増毛パウダー・かつら・増毛などが挙げられますが、人によってどの方法を選ぶべきかは異なります。それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットを把握して、自分の毛量や髪の毛の状態も踏まえたうえで、最適な方法を選ぶことが重要です。...
AGAスキンクリニック LP2
湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)